生まれた季節などを味方にして、赤ちゃんを強運に導く命名の方法

生まれた季節を味方につけよう

風水の命名では、季節にはそれぞれ気があるといいます。赤ちゃんは、その季節の影響を大きく受けて生まれてくるといわれています。季節の気のパワーを最大限に生かすには、音霊を活用する方法があります。例えば、春生まれで「木」の気を持った子どもには、相生関係の「水」や「火」の音霊の名前を付けると良いとされています。また、季節の名前、例えば春に生まれた子に「春」という字を使った名前をつけると、運は春に集中するといいます。

夏に生まれた子どもに付ける名前の風水

一年の中で7月から8月に生まれた赤ちゃんは、芸術や美的センスをつかさどる「火」のシーズンです。一年を通して「陽」の気が一番強い時期となります。この季節に生まれた赤ちゃんは、パワフルで感性が鋭いのが特徴です。裸足で地面を歩かせると、大地のエネルギーを吸収し、新陳代謝が活発になるので、パワーが蓄えることができるのです。夏のパワーを味方につけられる名前は、「木」や「土」の音霊を持つ名前などが、夏をイメージさせる名前になります。

秋に生まれた子どもの命名

10月から11月に生まれた赤ちゃんは、自然の恵みを結ぶ秋で、「金」の気を持つ季節です。この季節に生まれた赤ちゃんは、強い金運を備えています。いつも笑顔で楽しそうにしていれば、すべてのことがうまくいく運勢をもっているのです。さらに、開運を導く方法は、旬の食材を取り入れた食事、特に「土」の気が強いフルーツや根菜類は、今持っている運を更に鍛えてくれます。秋のパワーを味方に付ける名前は、「土」や「水」の音霊を持つ名前、秋をイメージさせる名前が良いでしょう。

姓名判断のサービスは無料で使うことも出来るので将来の運勢を調べる場合には試してみるのも良いでしょう。