気をつけよう!命名するときのポイント3点

人名用漢字を使っているか

名前を考える時、漢字も一緒に考えますよね。漢字には、人名用漢字というものがあることは、みなさん、ご存知でしょう。しかし、使用してはいけない漢字を全部分かっているという人は少ないのではないでしょうか?人名用漢字以外の漢字を使用していると、出生届が受理されません。そうなると、名前を考え直さなくてはいけないですよね。そうならないためにも、人名用漢字を使っているか、出生届を書く前にきちんと確認しましょう。

強引な当て字を使っていないか

漢字で名前を考えた時に、しっくりくる読み方が出来なくて、当て字を使う人もいますよね。ある程度の当て字なら読めるのでいいと思います。しかし、強引な当て字はどうでしょうか?家族以外の人には読めないような名前だと、名前を覚えてもらえないですよね。どうしてもという強いこだわりもあるかもしれませんが、一旦、別の漢字、読み方も考えてみるのもいいのではないでしょうか?他にもしっくりくる名前が思い浮かぶかもしれませんよ。

名前に想いが込められているか

名前は、我が子への最初のプレゼントです。多くの人が色々悩んで名前を考えているでしょう。中には、運勢の良い画数を考えて名前を考える人もいますよね。もちろん、それもありだと思います。しかし、名前をつけるときに忘れてはいけないのは、名前に込めた想いです。もし、名前の候補がありすぎて悩んでいる人がいるなら、どんな風に育って欲しいか、名前にどんな想いを込めたいか考えてみませんか?そうしたら、案外、すんなりと決まるかもしれませんよ。

赤ちゃんやペットなどの呼び名を付けることを命名と言います。一生涯に渡って使う名前になるため、慎重に考えましょう。